いきなりの鞆の浦

  • 2015.11.04 Wednesday
  • 20:22
JUGEMテーマ:写真
  まあ 流れに任せて生きてるとはいえ

流れは自分にとっていいようにも 悪いようにもあるものだ

それも自然の摂理か?

神のみぞ知るものだ



福山へ帰省するたびに一番近い

鞆の浦には行くが

今回のように長居したのもまた初めてかも?だ



平日の鞆の浦は静かで

観光客は休みの日にどーーーと訪れる

親戚がお店をしてるから聞くと

やはりなかなか人気は出ても平日の観光客相手のお店は

難しいようだ



私が子供のころよく来たのは

とにかく船に乗って5分くらいの目の前の島で

泳ぐことだ

海水浴ができるのは港にはなく船で気楽に渡るものなのだ

今でこそ瀬戸内は多くの橋ができて船などわからないだろうが

小さな島と本土をつなぐ大事な日常だったのだ




海風に当たると少しは気が晴れる

懐かしい思い出がよみがえってくる

聴覚や臭覚は亡くなる最後の最後まであるそうだ

私も昨年 アレルギーで死の淵を彷徨った時に

聴覚だけは聞こえていた

鞆も帰るたびに新しい店ができてたりする。

でも閉まるのは夕方4時とかで早いのだ

今後行かれる方は。。。 お店の閉店時間確認されていってくださいね



コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

手書き文字

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM