元旦

  • 2017.01.02 Monday
  • 06:58
明けましておめでとうございます!

ブログ読んでくださる皆様に

今年もマイペースアップですが
よろしくお願いします


この元旦の写真を載せます

やりたい事を、一つずつやり
何かを感じ
体感する

私の生き方かな?



富士山と山嶺

命の誕生

  • 2016.07.22 Friday
  • 22:13
小雨が降る真夜中
電話がなる

猛暑の夏のほんの一瞬の 過ごしやすい日

貴方は 初産は時間かかるから 後から来てくれたらいいと言ったが

私の 閃きやアンテナは すぐ車を走らせ
高速を!

まさに私が着いて、一時間もしたら分娩室に移動。

娘が苦しむ姿は 親として 物凄く苦しい。

ただ言えるのは、お腹の中の命は
この世を選び、貴方を親として選び
生きようとしている


生きようとしている命の誕生

この社会が今誕生する子供たちに、平和にすごせますようにと
今の私たちがする事は沢山。

何より感動したのは、産まれたてで
自由に足や手をうごかし

この世にきたことを喜んでるように感じた。



自由きままに身体をうごかす
貴方!

そのまま、そのまま 大きくなっていってください。


今日という日は こんな記念すべき日であった。


デトックスの後は

  • 2015.08.14 Friday
  • 13:13
JUGEMテーマ:写真
  友人から頂いた スロージューサーにはまってます

大昔から知っていたものの なかなか家庭用が出てなく

諦めていた代物ですが

何が違うって? 石臼状態でゆっくり抽出してくれるので

酵素やファイトケミカルが逃げなく

体に取れるのです。

夏ということもあり 三浦の農園にトマトを収穫に行ったり

大量のトマトのジュースや 絞るもの無くなってくっると

庭に生えてる 世の中雑草というもの?

ドクダミや ミントや 明日葉 ミョウガの茎まで

全部これにかけちゃいます。




3日間これだけと水を飲むのをするのですが

今回は二日半でギブアップ

初めに口にしたのは これまた流動食 かぼちゃのスープ

次はおかゆ。。。

なんだか これやってると 体の60兆の細胞くん達が

わらわら。。。わらわらしてる感じ。。。

ものすごく味覚は敏感に戻り ちょっとの塩分でもきになる

体にいい感じは 体で実験してわかる

たまに 欲求が喜ぶものより

こういう細胞が ぴょこぴょこ目覚めるような

喜びを感じさせてあげたいな


これしてる時は トイレに行く数が半端じゃなく

夜中も数回 トイレへ

なんだか毒出しが 毛穴からも。。。

おかげでこんなに野菜をとった夏はありません





花や草木が好きなわけ

  • 2015.06.25 Thursday
  • 18:08
JUGEMテーマ:写真
  実はお花の師範の免許はすでに高校生の時に

とっていた私だ

子供の頃の環境はいかようにも皆さん違うものだが

私は家の事情で いつも通ってる小学校からバスで通う距離に

住居が移転したのだ そのため

友達との環境を選んでバスで小学校へと通っていた

だから今も実家に帰っても近くには友はいない

ただ、これも神様の導きか?

引っ越した先に友達はいなくても


家の前に お花の生け花教室があったのだ



そう。。。。

私は教室の日以外でも その先生と山に入って草木をとって

想像力豊かにいけるということをしていた

そんな小学生


今思うと あまりいないな。。。???


まあ環境がそうさせたものであり 出会う人も大人の女性で

編み物を小学生の頃から教わったり

今思うと 経験は財産だなって感じる

それは人と違う環境に

どうして私だけこうなの?

友達は違うのに???? って反発した時期もあった

ただ 今だからこそ思えるのは

家庭環境や 周りのことは 自分がどうこうでなく

変わっていく

それを誰かのせいや 神様のせいにしても始まらないってことだけ


でもこうんな風に思えるようになるのにも時間はかかった


おかげで私は 身の回りの雑草と呼ばれるものを美しく生けてみたり

習わない編み物を自力で出来たり

何十年も経って 感謝してる

学生の頃は それは友達と比べて悲観していたものだ


今 真っ只中 そんな時期にいる人もあると思う

反抗してもいい 反発してもいい

ただみんな同じではない人生であること

そこから教わることがあること

気がつける時がくればいいな?って感じる


生け花の先生が子供の私を連れて山へ入って 


今生きてる 植物で 想像してアートを作り出す

そんなことを自然に身につけてくれたことに

感謝している


親は忙しく働き 子供の世話はできなくとも


きっとそんな人にも 誰か寄り添ってくれた人がいるだろう

そんな形であれ

感謝したい



肌で春を感じて

  • 2015.03.16 Monday
  • 15:38
JUGEMテーマ:アート・デザイン
  四季がある日本って

生きやすく感じる

自然の変化を肌で感じれるからだ






人生の先には!

  • 2015.02.25 Wednesday
  • 17:33
我が人生ここにあり

今、ここに有るのは確かなり

明日あるかは、分からない事だ。

何て詩でも読めそうな今日この頃!

20代、30代の頃は将来をイメージして

歩いてきたものだ。

少し肩は凝るが、有り余るエネルギーを

使いいいもの。

40代半ばから、自然界のながれの中に

身を置き感じながら

あえて、流れや出会いに任せて生きて

みる。

これも、また何処にいくのか?分から

ない楽しみがある。

心惹かれる人や、物、場所、生き物

はてさて、まだまだ

このhakuさん、どう変化していくのか?

自分で楽しくなる時もある。

予想出来ないから、楽しいのかも


何より全てのご縁に感謝して歩く次第




久しぶりの自作のジュエリー!

シルバーと18kで。

シンプルなものほど、誤魔化せず

難しい。

まるで人生みたい

節分!

  • 2015.01.27 Tuesday
  • 09:55
節分に!

JUGEMテーマ:写真


私たちは 本が大好き

今ではできるだけ 家に置かないように図書館でかりるが

紙の質感 匂い わくわくする中身

どんなにネット時代になっても

本を観たり 読むのは大好き


老後の夢が少し 見えてきた

大きな森の中の敷地に

平屋でお日様ぽかぽかあたる木の家

そこに自給自足で住みながら

自分たちが創ったしゃしん本や読んできた古本を

一部屋 解放して

いくらでもそこで 人が来て観れる


少しの稼ぎは そこでの ティータイムに出すハーブティー

お茶を飲みながら 自然の木々風の中で

リスや鳥の声

本を観たい人に 来ていただく

そう気ままに お休みの日もあり

旅に出る。。。

今まで悲しい想いをしながら 本を処分していた自分たちだが

こんなに大好きなら 他にも好きな人たちにシェアーすれば良い

なんだか

そんな老後の生活の夢が ふーーーとおりてきた

そして 広い庭では音楽もできると

良いんだろうな...


ふと おりてきた 私の想い 


書き残しておきます


Letter from him

  • 2014.06.24 Tuesday
  • 22:07
 I heard there was a secret chord

that David played and it pleased the Lord

But you don't really care for music do you

well it gos like this

The forth , the fifth , the minor fall and the major life

The baffled king composing Hallelujah

Hallelujah ,Hallelujah , Hallelujah  Hallelujah

...........




(雨の中の 箱根より)


ps  マイケルの歌詞より
JUGEMテーマ:写真



............







流れ。。。。

  • 2014.06.20 Friday
  • 22:11
JUGEMテーマ:写真
  そのときの 流れを大事に思う

自然と向き合うと 

その事を痛感する



よく流されてはいけないよって  聞くが


あえて流れに身を任せるのもいいものだと 


そう 思うのだ





太平洋  湯河原界隈より


華道というもの

  • 2014.05.13 Tuesday
  • 16:42


JUGEMテーマ:写真
  私を昔から知っている方でも

きっと知らないことがあるのだが

華道の師範は実は高校生のときにはすでにもっていた

そう、はじめのきっかけは

小学校がバスで通うようなところへ

家が引っ越したので

帰宅しても遊ぶ友がいない

そんな時 家の前にあったのが華道の先生の家

男の先生で 今では 流派の一番おえらい人になられてるが

私は小学校の頃から ここに通い

先生について 山に入って 色んな草木を取ってきては

色んな発想でいけていた

これまでの人生で よく娘にも これを仕事でしないの?

って言われたことも何度もある

その頃の私は まったく そんな気持もわかず

しないよ。。。って答えていた

でも、今50歳を過ぎて思えるのは

まずは 習いにいかせてくれていた親に感謝

そして 練習日でもないのに毎日のように

生け花に触れる機会を作ってくれた師匠に感謝

それも花屋さんから準備された花ではなく

師匠が個人的に 発表会のために模索されてた山へ

いつも一緒についていっていたこと

この経験は 私の中に 今思うと大きなイメージの影響を与えてくれてる

そのときは分からなかったことが 30年40年たって

分かることがある






花を生ける時間は 無言で ただただ そのものと向き合う

これは小学生の自分には苦痛であった

でもそれでも 何が好きだったのか?

思い出せないが やめないで通っていたのだ


今 自分が写真をやっていて


構図や 色。。。。。多くのものが

この頃の影響があるように思える

日本の昔ながらの 茶道 華道 武道

実はとても深いものが あると思うのだ

是非とも 今のお母さん達 見直してみてほしい

そして 出来るなら 子供達に

触れさせてあげてもらいたいと

心から思うのだ



calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

手書き文字

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM